1. HOME
  2. ブログ
  3. 03 会社の出来事
  4. 旅行
  5. 中国一景色 vol.1 -酒店の思い出

BLOG

ブログ

旅行

中国一景色 vol.1 -酒店の思い出

1年経つ前に、書いてみようかと。
去年の夏に、中国へ超短期留学へ行きました。
知ってる人も、知らない人も。

まずは1枚。(写真を参照)
留学の2週間、泊まった酒店=ホテルです。
授業を受ける大学の目の前にあります。

(布団がぐちゃぐちゃなのはご愛敬)

中国のホテルっていうだけで少し心配で、宿泊料もそんなに高くはないですが、
掃除も毎日してくれましたし、割ときれいでした。

忘れもしないのは、留学が半分を過ぎたころ。

中国ではトイレに紙を流しちゃいけないのです。

(管が細くて、すぐに詰まるようで)
で、トイレの横にあるゴミ箱に捨てるのが普通なのですが、

それが嫌で、気を付けながら流してたわけですよ。

でも、やっぱり駄目だったようで、詰まっちゃったんですね。

どうしようもないから、フロントへ行って、
「?所塞了!」と伝えたら、すぐに掃除のおばさんがバケツを持って部屋へ行ってくれたのです。

それを見て安心して、予定通りみんなで出かけました。

その日は少し早めに帰ってきて、部屋でくつろいでいたとき、
扉をノックする音が聞こえました。
掃除のおばさんが、「掃除するかい?」と聞いてきたので、
まあ1日くらいいいか、と思って扉の前で「今日は必要ない」と言いました。
もうちょっとくつろごうと戻ったその時、左目の端に、不穏な黒い影が入ったのです。

なにかな、と思ってシャワー室を除くと、そこに小さな黒くて丸い影が。。
(あえて名前は言いませぬ)

ついさっき、掃除のおばさんがいた

扉を開けて、探すと、右手に、いた!おばさんたち!
このときばかり中国語が堪能になったことはない。

「?,?!?打?打?房?!!?!洗手?!」
ここで帰られたらもう部屋には戻れない。
何とかおばさんたちに、シャワー室に入ってもらいました。

遠巻きに見ていた私に、シャワー室からひょこひょこ出てきた黒い影。
「来,来!!?儿,?儿!」
出てきたおばさん、これ?って感じで足をスタンバイ。
こんなのが怖いのか、とでも言わんばかりなスマイルでサンダル履きの足を振り下ろしました。

それ以来、一度もその影は見ていないので、
おそらくトイレ詰まりを直しに来たおばちゃんのバケツから侵入したのではないか。
そう思います。

 

関連記事